忍者ブログ

どりーむ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


長文


SEO視点で見ると、長文が効果的なのですが、長文を読めない忍耐力のない人が多くなっているというのに、長文の記事を書かなくてはならないのだろうか・・・?。検索エンジンからの評価が高いのは間違いなく高いのは長文の記事であるのは間違いないです。ですが、訪問者に読んでもらわないと意味がありません。ですが、検索エンジンに高く評価され、検索結果に表示されなくては、ユーザーの目には留まりませんから、検索エンジンの検索結果に表示されるまでは長文でコンテンツを構築していかなくてはならないというわけです。検索エンジンに認識され、順位を安定してきたら、いきなりではなく、徐々に文字数を減らしていきます。ユーザーが読みやすいように、かつすべて読んでもらえるような書き方をしなくてはなりません。検索エンジンに好かれたら、次はユーザー、訪問者に好かれなくてはなりません。検索エンジンに嫌われるわけにはいかないので、さじ加減が難しいのです・・・(汗)。

SEO対策 サポート
Google SEO対策

経営の玄人「経営家」。インカムゲイン目的の企業所有の玄人「投資家」。「経営家+投資家=資本家」
「Bingで上位表示、Googleは検索圏外」原因。被リンク過剰パターン化
キーワードの割当て方。「1URL1キーワード,1URL1意味」以外の対策URLは順位下落の運命
「被リンクは殆ど効かなくなった」は半分本当で半分嘘。SEO成功する情報強者と失敗する情報弱者違い
地盤沈降が進むリアル店舗。地盤隆起のWeb店舗。中資本企業もSEO参戦
「コンテンツ優先・被リンク劣後」アルゴリズムで発生するペナルティ
Google検索エンジン経由アクセスアップのポイントは「記事数」では無く「文字数」。集客数増やす
SEO集客の「好循環」を生み出す「コンテンツ・被リンク・バランス」
世の中はカネ(金)では無い。「世の中はチカラ」である。力が世の中を動かし、力が世の中を変える
月間検索数多いヘッドは被リンクにコストかかる。検索数の少ないロングテールは記事作成にコストかかる
URLに被リンク供給で一定期間、順位不安定になる。新規被リンクの評価が定まると検索順位は以後安定
Web営業パーソンとリアル営業パーソンの二本立てで現実世界とインターネット世界を攻略する

出張専門の買取業者HP、松山市
買取松山
回収松山
PR

楽天


いやぁ・・・楽天の利用者の少なさにはびっくりしました・・・。300人中29%ということなので、300人中87人しか楽天を利用していないという結果・・・。楽天アフィリエイトよりAmazonのアフィリエイトに変更するべきなのではないかと思ってきますよ(笑)。でも他の人も同じことw考えるだろうから、今のまま楽天アフィリエイトで稼ぐか♪。両方やってみてもいいですしね^^。ちょっと両方やってみようかね。楽天アフィリエイトとAmazonアフィリエイト。スマートフォンやモバイルにも対応しているそうです^^。楽天はいちいちパソコン用とモバイル用のHTMLソースを張り付けなくてはならなかったので、これが一つで済むのは楽ちんですな^^。楽天もモバイルもパソコンも統一されたのかな?。モバイルから見ることなくなったので確認できなくて・・・。あぁ・・・ガラケーを借りて見ましたが、やはり画像表示されていないですね。パソコンでは画像表示設定にしているので。

SEO対策 費用
検索上位

キーワード重視のSEO対策とトラフィック重視のSEO対策。違いは1位表示優先か、アクセス増優先か
昔は「ゼロ評価+プラス評価」、今のGoogleは「マイナス評価」も導入
トップページがコンテンツSEOに不向きならサブURLで対策。無駄&無理
コンバージョン目的URLとSEO目的URLに分けて、サイト内のSEO目的URLに被リンク対策施す
3つのリードタイム短縮で順位反映スピードは上がる。衛星サイト作成⇒被リンク設置⇒インデックス化
「URL=コンテンツ」「URL=オリジナル部分」時代へ2013年。ページの「共通部分」重要度低下
新式のニュー衛星サイトと旧式のオールド衛星サイト。どちらが安全か
SEO集客手段、「ヘッドキーワードSEO,テールキーワードSEO」の違い
安定1位表示の3要素「コンテンツの質、被リンクの質、被リンクの量」

出張買取回収専門のリサイクルショップHP、松山市
リサイクルショップ 松山
不用品 回収松山
冷蔵庫買取 松山

「優先順位」高い順に仕事こなせ無くなった時が緊急休養のタイミング
SEOフィルター。被リンクに起因するフィルタリング、対策URLのコンテンツに起因のフィルタリング

非難


Googleの幹部がFacebookを非難しています。はっきり言っちゃっています^^;。Facebookを「金儲け優先」していると・・・。このGoogleの幹部によると、特に非難しているのが、Facebookがニュースフィードに広告を混ぜたりしていることに対してご立腹のようです。インタビューに答えたGoogle幹部は、「自分の娘と話しているときに、広告をまとった男が現れてひゃまをされたらいやだろう。」と、早く収益化したいというFacebookの姿勢を批判しているのです。例はちょっとうちには分かりませんでしたが(笑)、Facebookが色々な手を使ってでも早く収益を挙げたがっているということは分かりました。このGoogle幹部にとってはそれが許せなかったのでしょうな・・・。PRも忘れていません^^。FacebookよりGoogle+の方が広告主にとって効果的であるし、ユーザーの邪魔にならず、自然で出しゃばらないとのこと^^。

ネット広告代理店
被リンク サービス

検索順位を上げるコツ。そのページ(URL)の「コンテンツ」に適したアンカーテキストで被リンク供給
検索アルゴリズムとは?コンピュータ・アルゴリズムと人アルゴリズム
2014年も「被リンクの量」がものを言う。被リンク効果実感は量に比例


URLの順位上がるかどうかは「内部対策の出来」で決まる。強い被リンクだけで安定1位は実現不可能
対策キーワードはマスマーケットとニッチに選り分ける事が大事。マスマーケットSEOとニッチSEO
高強度被リンク(高質)なら獲得数は多ければ多いほど良い。低強度被リンクなら少なければ少ない程良い
SEO業者のSEOサービス二大構成要素。コンサルティング,被リンク供給
サイトアーキテクチャーとは。要所3つ。URL論理構造、HTML(ページ)論理構造、リンク論理構造
各URLへの被リンク対策心得。鉄則「コンテンツ先・被リンク後」を守りバックリンクペナルティ回避
サイト内のURL群、営業と集客の分離。営業部隊とSEO集客部隊に編制
URLの内部SEOスコアは其のページ内部だけで決まらず。下層URL群も影響。内部スコアに上限無し
オーソリティSEO。ディレクトリ,ペイレベル・サブドメイン権威対策
逆SEO対策とは。標的URLの検索順位を下げる対策。「虚偽の風説」を流布するページの順位を落とす
「コンテンツ,被リンク,衛星サイト」の3つは「毎月強度を固定」する。被リンクの「数」は変動でOK

        
  • 1
  • 2
  • 3