忍者ブログ

どりーむ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


EC


300人を対象に行ったショッピングに関するアンケート調査の結果が発表されたようです。ネットショッピングで最もよく利用するECサイトの結果 を見てびっくりしました。意外で・・・。一位はAmazonの61%、次いで楽天29%、それ以外のサイト8%、ネットショッピングを行ったことがない 2%という結果だったようです。いやぁ・・・、意外・・・。Amazonhaほとんどが彫んだろうか?。更にそのアンケートでは、家電量販店で実際に商品 を見た後に、ECサイトでその商品を購入したことがあるかという質問に対しては、よくある32%、たまにある42%、ない26%という結果だったようで す。みんな意外に買っているのですね^^;。家電量販店で店員さんに価格交渉をしたかという質問もあり、よくある31%、たまにある45%、ない24%と いう結果。うちはしたことないなぁ。買った後にこっちの店の方が2,000円も安かったじゃん(涙)ってのはあった(笑)。

SEM
SEO対策 見積り

SEO用の衛星サイト(サテライトサイト)は継続更新不要。更新無しでも「1位表示させる力」失われず
「Webサイトへの入口=トップページURL」では無い。SEO対策でサイト内のサブページ群も入口化
キーワードAで最適化されたコンテンツを複合キーワードABでGoogle安定上位表示は可能?不可能
順位SEOと集客数SEO。個々のURL順位に頼らず全体の勢い集客数に頼る
旧サイト⇒301リダイレクト⇒新サイト。引継ぐ「被リンク構造そのもの」に問題あれば再度ペナルティ

出張買取専科のリサイクル屋HP、松山市
出張買取 松山
洗濯機 買取松山

コンテンツ内容で被リンク対策するキーワード決まる。キーワード選定
SEO成功者,SEO対策で成功する人の特徴
画像リンクを増やす
外部SEO戦略。被リンク強度は固定し、貼られ続ける固定被リンクを増やす。オールド被リンク増⇒安定
Google外部SEO対策の要、3要素「被リンクエイジ,衛星サイトエイジ,リンクポピュラリティ」
ドメインオーソリティ高いと少ない被リンクで順位上る。標的キーワードで権威性高い独自ドメイン育てる
Google当局が行う2つの調節。被リンク緩和・被リンク引締め、コンテンツ緩和・コンテンツ引締め
PR

非難


Googleの幹部がFacebookを非難しています。はっきり言っちゃっています^^;。Facebookを「金儲け優先」していると・・・。このGoogleの幹部によると、特に非難しているのが、Facebookがニュースフィードに広告を混ぜたりしていることに対してご立腹のようです。インタビューに答えたGoogle幹部は、「自分の娘と話しているときに、広告をまとった男が現れてひゃまをされたらいやだろう。」と、早く収益化したいというFacebookの姿勢を批判しているのです。例はちょっとうちには分かりませんでしたが(笑)、Facebookが色々な手を使ってでも早く収益を挙げたがっているということは分かりました。このGoogle幹部にとってはそれが許せなかったのでしょうな・・・。PRも忘れていません^^。FacebookよりGoogle+の方が広告主にとって効果的であるし、ユーザーの邪魔にならず、自然で出しゃばらないとのこと^^。

ネット広告代理店
被リンク サービス

検索順位を上げるコツ。そのページ(URL)の「コンテンツ」に適したアンカーテキストで被リンク供給
検索アルゴリズムとは?コンピュータ・アルゴリズムと人アルゴリズム
2014年も「被リンクの量」がものを言う。被リンク効果実感は量に比例


URLの順位上がるかどうかは「内部対策の出来」で決まる。強い被リンクだけで安定1位は実現不可能
対策キーワードはマスマーケットとニッチに選り分ける事が大事。マスマーケットSEOとニッチSEO
高強度被リンク(高質)なら獲得数は多ければ多いほど良い。低強度被リンクなら少なければ少ない程良い
SEO業者のSEOサービス二大構成要素。コンサルティング,被リンク供給
サイトアーキテクチャーとは。要所3つ。URL論理構造、HTML(ページ)論理構造、リンク論理構造
各URLへの被リンク対策心得。鉄則「コンテンツ先・被リンク後」を守りバックリンクペナルティ回避
サイト内のURL群、営業と集客の分離。営業部隊とSEO集客部隊に編制
URLの内部SEOスコアは其のページ内部だけで決まらず。下層URL群も影響。内部スコアに上限無し
オーソリティSEO。ディレクトリ,ペイレベル・サブドメイン権威対策
逆SEO対策とは。標的URLの検索順位を下げる対策。「虚偽の風説」を流布するページの順位を落とす
「コンテンツ,被リンク,衛星サイト」の3つは「毎月強度を固定」する。被リンクの「数」は変動でOK

深刻


気になるニュース。Google検索で、「旦那」と入力すると、予測変換で、「旦那 死ね」、「旦那が嫌い」と出てくるそうです。どれどれ・・・と検索してみたら出てくる出てくる(笑)。上記の他に、旦那むかつく、旦那 好き、 旦那 給料ってのが出てきました^^;。旦那の給料を検索?と思い、リンクをクリックしてみたら、旦那の給料教えてくださいとか、旦那の給料が安すぎるという悩みまでそれぞれでした。旦那の給料が安すぎるので離婚したいとい物まで・・・。これは深刻・・・。お金は大事なものだと思い込んでいるからこういう思考になってしまうのですね・・・。多分大金持ちと結婚してもこういう女性はうまくいきませんよ^^。あればあるだけ使うタイプですから、このタイプの女性は。世の中にはやりくりしてうまく生活している奥様もたくさんいらっしゃいます。むしろ稼いできてくれる旦那様に感謝するべきです。ネットで悪口言う暇あったらパートに出てもいいだろうし。本当に大切なものは何か。

ホームページ SEO対策
バックリンク サービス

内部要因=コンテンツ。外部要因=被リンク。内部対策⇒外部対策。コンテンツSEO⇒被リンクSEO

短期的なアルゴリズムに最適化させても上位表示は一時的・一過性で終わる。中長期アルゴリズムに最適化
ニュー被リンクとオールド被リンクの時間軸での増減推移の例※毎月一定「量」被リンク対策を施した場合
内部対策はオリジナル部分SEO・コンテンツSEO優先。共通部分SEO劣後
購買目的キーワードは短期で新規売上あがる。情報収集目的キーワードの一部は中長期で新規売上に繋がる
集客目的URLと営業目的URLの違い。「SEO集客優先・営業劣後」か逆か
リンク鮮度スコアとリンクエイジスコア。エイジが上位安定,一位維持で重要。オールド被リンクを増やす
購買目的キーワードはヘッド・テール・ロングテール問わず売上に繋がる。ビッグ・ミドル・スモール違い
テキストリンクを増やす
短期間で大量にバックリンク供給する場合のみIPアドレス分散必要。適量供給ならIP分散被リンク不要
キーワード単位でコンテンツ用意が一番確実。対策キーワード毎に準備
FOMC年内緩和縮小。米が引締めに転ずれば円安進行。株高は国内マネタリーベース拡大に合わせて進行
被リンクのペナルティーはある。外部リンクを貼る前以上にSEOスコア落ちる事も。SEO対策スパム
URLのSEO。ディレクトリ部分のみで部分最適化、ファイル名のみで部分最適化。結果、全体で最適に